モノマリスト本フォトコン受賞!経緯と写真に込めた思いについて

こんにちは、Lensのナカザト(@LENS_BLOG_)です。

この度、天才ブロガー堀口英剛くん(@infoNumber333)が執筆した書籍「人生を変えるモノ選びのルール-思考と暮らしをシンプルに-」(通称モノマリスト本)のフォトコンテストでグランプリを獲得しましたので報告します!!!あらやだ嬉しい。

モノマリスト本と、筆者こだわりのhender schemeの小物入れ「pocket S」を頂きました!

何が起きたか

何が起きたのかと申しますと、モノマリスト本が出版された際に様々な人がtwitter上で「#モノマリスト本」のハッシュタグをつけてオシャレな写真を上げるというムーブメントが起こったんですね。

あまりにもたくさん写真が上がるもんで、著者の堀口氏と出版社のポプラ社が反応してフォトコンテストを開催する運びになります。

その呼びかけに色んな方が反応してTwitterがお祭り騒ぎの状態になりまして、「乗るっきゃないこのビッグウェーブに!」ということで便乗して僕も投稿した次第です。はい。

とはいえ、皆様の投稿はクオリティ高い写真揃い。

どれもカッコいいしセンスいいし、すげー!

写真を撮るのが上手いのはもちろんのこと、テーブルを素敵にコーディネートしてたり、スマホを使って面白い試みをしてみたりと良いものばかり。出すからには僕も爪痕を残したいと思っていたんですが、皆様のようなセンスはないので普通に戦っても勝ち目がないなと一瞬にして悟りましたw

ということで、人の真似をしても目立たないし無理だと分かったので自分の土俵で戦うことにしました。自分の土俵とは何か?それは、ウェディング撮影です。

一生に一度の結婚式や二次会のカメラマンを探している方へ。最高の写真を撮らせてください!

閃いてしまった僕は、前撮りをさせて頂いた新郎新婦さんに写真の協力をお願いをしてみることに。

「この本は後輩が出版していて、こだわりを持つ物選びをしましょうというテーマの本で…」とセールストークを展開しつつ、「フォトコンテストに応募するのでご協力頂けないですか?」とダメ元でお願いをしてみます。まぁ、断られたらそれでしょうがないかと。

するとなんと「もちろん協力しますよ!」と二つ返事でオーケー!いやぁホント驚いたし嬉しかったぁ…感謝感激です。

それで撮った写真がこちら!

なんとこちらがグランプリを受賞しました!いやぁ本当に嬉しい。ありがとうございました!!

結果発表記事:”ときめくモノ”に囲まれて。「モノマリスト本フォトコンテスト」グランプリ決定!

スポンサーリンク

写真のテーマ

実はこの写真を撮った理由は、自分がウェディング撮影を普段しているという強みを活かすこと以外に、ちょっとしたテーマがあったのでした。

一人暮らしをしている時って、自分自身のこだわりをひたすらに追求していればいいんだと思うんです。誰かに合わせる必要なんてないし、それで誰かに迷惑をかけることもない

でも結婚して二人で生活をするようになると少し変わって来ます。お互いに好きなテイストが違うこともあるでしょうし、お金をかけるポイントが違ったりもします。価値観が違うと言うと大げさですが、二人の人間である以上は必ずどこかしらに違いがあります(もちろん違いの大小はありますが)。

でもそこで自分を無理やり押し通したり、あるいは嫌だと思いながらも妥協して相手に合わせるんじゃなくて、二人が納得するまでよく話して決めていくのが大切なんだと思っています。それこそ、家族の「ルール」を一緒に作っていく

本の中で筆者は「語れるモノを持とう」と言っています。そうやって二人でよく話して決めたモノは夫婦二人にとって「語れるモノ」になっているでしょうし、その積み重ねが夫婦の絆を強め、豊かな生活を作っていくんだと思います。

今までは自分で決めていたルールを、今度は二人で一緒に作っていく。

そんな意味を込めて僕は写真を撮りました。モノマリスト本はモノ選びの大切さについて書いた本ですから、夫婦で読むことで素敵なルールが出来るかもしれません。

ぜひこれから結婚をして新しい生活を始める方々にも、この本を読んでもらいたいなぁと思っています。

1ページ目に著者の堀口くんのサインが。モノマリスト本はご協力頂いたお二人に贈らせて頂きます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローいただけたら更にうれしいです。

プロフィール

Kenta Nakazato
平日はIT企業に勤め、週末は写真を撮ってます。
詳細なプロフィールはこちら