オシャレBBQの聖地、豊洲の「WILD MAGIC」に行ってきた。

こんにちは。BBQとビールが大好きな@LENS_BLOGです。

どんどん暑くなってきて、夏の足音が聞こえてくる季節になってきました。この時期一番気持ちの良いアクティビティといえばBBQですよね!外で冷やしたビールを飲むのが至福の瞬間。

ということで先日、プレミアムフライデーを利用して会社のメンバーと豊洲の人気BBQ場、WILD MAGICに行ってきました。ここは本当にオシャレ!上の写真は入口です。センス溢れています。

ただ、その人気の高さゆえちょっと不便な部分もあるので、そこもちゃんと書きたいと思います。

予約から当日まで

予約は電話などは受け付けていなくて、全てHP上から行います。13名以上の団体予約は2ヶ月前から、それ以下の場合は1ヶ月前から予約がスタートするので、シーズン中の土日などはすぐに予約した方が良いでしょう。

13名までの場合はHP上で日時や人数を入力して検索すると、空いているエリアを選択することができます。予約可能な時間はエリアによって異なるのでHPで確認しましょう。

料金としては、通常の食事メニューが税込み5400円で、+1080円でプレミアムプランに出来ます。飲み放題も欲しいという方は、+3,240円でつけることも可能。ただ、持ち込みはOKなので飲み物は他で買った方がお得かも…です。

13名を超す場合には予約方法が少し異なり、団体用の予約ページから行います。僕らは今回17名だったため、こちらの予約方法で申し込み。

希望の日時や人数やエリアやメニューを入力すると、後日メールで予約が取れたかどうかの連絡がくるという手順。電話も出来ませんし、すぐに空きが確認することができないので、ちょっと不便

僕らは今回、場所はSEASIDEエリア、メニューは食事のみの通常プランにしました。

その後の連絡や確認は、電話は受け付けていなくて全てメールのみ。BBQ ってちょこちょこと確認したいことが出てきたり、人数が増減したりしますよね。電話に気軽に聞けないので少し不便だなと感じました。

今回僕らが13名以上の団体だったからなのか、人数と食材の追加は10日前まででした。キャンセルや大幅な人数変更ならまだしも、少しの追加はもうちょっと直前でも出来れば良いのですが…

食材なしの人数追加だけであれば当日でも可能で、1人につき3,780円でした

当日の買物など

飲み放題ではないプランにしたので、豊洲駅周辺で買い出しが必要でした。僕らは駅からの近さと品揃えを考え、ららぽーと豊洲の中にある「フードストアあおき東京豊洲店」をチョイス。

ここはお酒はもちろん、新鮮な野菜や海産物があるのでBBQの際の買い出しには最適です。ちなみにWILD MAGICのコースでは海産物がありませんので、食べたかったら買っていくことをお勧めします!僕らはエビとホタテを買いました。

当日配達

カクヤスなどの当日配達はもちろん受け取り可能です。

ただ、WILD MAGIC自体では受け取りをやっていませんので、到着したときに施設外で受け取る必要があります。早めに着くようにしておいて、予め施設側で受け取ってもらうことは出来ませんので要注意!

僕ら人数が多かったので、飲み物の半分くらいを配達にしました。大人数の場合には当日飲み物を大量に買うのは骨が折れるので、配達をお勧めします。

上の写真は受付です。ここもオシャレですね…ちなみに、時間ピッタリじゃないと入場出来ませんのでお気をつけ下さい!5分前でも入れませんでしたw時間には厳格なようです笑。

用意されているもの

食べ物のみの場合、予め用意されているのは下記でした。一通りのものが揃っています。

予め用意されているものリスト
・肉
・野菜(カット済)
・マシュマロ
・串
・こぶりな包丁
・まな板
・焼肉のタレ
・割り箸
・おしぼり
・紙皿
・トング
・ビニールの手袋
・軍手
・BBQコンロ
・炭
・着火材
・クーラーボックス
・ランタン

野菜がカットしてあるのが楽です。また食材が全てクーラーボックスに入っているので、クーラーボックスをこちら側で用意する必要がないのは非常に嬉しかったです。運ぶとなると面倒くさいですからね…

あとは、大きいマシュマロがついてくるのがユニーク。

次に、買っておいて良かったなぁと思うリストをあげておきます。

買って良かったものリスト
・飲み物
・紙コップ
・海鮮
・ウェットティッシュ
・氷(施設内で売ってました)
・花火(施設内で売ってました)

ウェットティッシュは、どのプランでもマストで買っておいた方が良いです!何かと便利。

飲み放題は3,000円するので、飲み物は持ち込んだ方が絶対に安いです。僕らは17名でしたが、一人1,000円程度に収まりました!それでも少し余りましたw

花火は手持ちであればOKです。オシャレBBQを満喫するためのアイテムとしてぜひ!笑

また、僕らが持っていけば良かったと思ったのがうちわです。着火材の量が少ないので、アウトドア慣れしている方以外はうちわを数個用意しておいた方が無難です。

クーラーボックスのフタで風を送っていたら、翌日筋肉痛になりました笑。

当日撮った写真たち

ここからは当日撮った写真たちをどんどん載せていっちゃいます!BBQはフォトジェニック!

上でも書きましたが、野菜は全てカットされているのでとっても楽ちん。とうもろこしも肉も美味かったなぁ。

追加料金なしでランタンが一つ付いてきます。豊洲とはいえ、夜は真っ暗になるのでランタン必須です。Cloemanのランタンかっこええなぁ。

SEASIDEエリアはこんな感じです。目の前に運河、東京タワーやスカイツリーを見渡せる絶好のロケーション。テントになっているので、多少の雨でも大丈夫です。

テントから見た景色はこんな感じ。豊洲のタワマンたちが見れます。

海鮮系はセットに入っていないので注意。BBQの定番とも言って良いホタテは、ららぽーと豊洲で購入しました。

WILD MAGICの定番、鶏の丸焼きです。お尻のところにビール缶を刺して火の上に置き、フタをかぶせて蒸し焼きに。こげないようにするのがけっこう難しいです。1羽で5人分。僕らは3羽ついてきました。

火から引き上げて捌いていきます。生な部分があったので、切ったあともう一度網で焼きました。

昔結婚式の余興ムービーで流行った、長時間露光で絵を描く写真を撮ってみました。僕的にはBBQやキャンプの鉄板な遊び。この写真は50mm、F14、シャッタースピード10秒くらいで撮ってます。

一眼レフと固定する三脚、スマホの光があれば簡単に撮れて盛り上がるのでオススメ!

書いたのは我らの部の略称です。色がついている部分は、花火のパッケージのビニールに光を当ててます。

FIRE PITエリアの様子です。海は遠いですが、こっちの方がテントはオシャレ。

こっちはVILLAGEエリアの様子。水たまりに反射してキレイ。向こう側に見えているのはフットサルコートです。

VILLAGEエリアもうちょっと近づいたバージョン。

なぞのプールがありました。小さい子どもたちであれば遊べるかな…でも、泳いだり遊んだりするというより、写真を撮ってインスタにあげるためのスポットと見た。

ここはパーティースペースです。大人数の団体だと貸し切ってパーティーが出来るそう。とってもキレイ。

手持ちであれば花火はやってOKです。受付でも2000円で販売されてました。久々にやると楽しいんですよねー。

最後に

いかがでしたでしょうか?

やはり人気のスポットだけあってロケーションの良さはもちろんのこと、お肉や野菜も美味しくて満足度は高いです。センスが良いアイテムが揃っていて写真映えするので、写真好きやおしゃれな人にはよだれが出るようなスポットです笑。

一方で電話での問い合わせが出来ない点や、キャンセルや人数増減の融通がききづらい点は要注意。幹事の方にとってはちょっと不便なので、そこは十分に考慮の上で選ばれるとよいかと!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローは下記

プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D4S、D600です。