夕日に染まるスカイツリーが見える場所 -京成線四ツ木駅周辺の河川敷-

こんにちは!ナカザト(@LENS_BLOG_)です。

今年(2019年)は大型台風が何度も上陸していますね…。台風って、毎回「大型台風が来るので気をつけてください!」と言われながらも、結局関東に上陸する前に逸れていって「何だ意外と大丈夫だったな。さて会社行かなかきゃ。」みたいになる経験が多かったので、史上稀に見る台風イヤーっぷりはホントビックリ。

東京都荒川沿いに住む僕は、先日台風によって洪水の恐怖に晒せれ、眠れぬ夜を過ごしました。ケータイの警報が鳴り止まなくて本当に怖かったんですよ!洪水にならなくてよかった…緊急放流がなくなって命拾い。

翌朝外に出てみると、台風一過で澄み切った青空と、大量の雨によって増水した河川の美しさに思わず息を飲みました。。そこで、

「荒川が美しく夕空に染まる一枚を撮りたい!」

と思って出かけた訳なのです。

スポンサーリンク

京成線四つ木駅

向かったのは京成線四つ木駅、東京駅から約30分くらいの位置です。僕はここに来るのは初めてですが、スカイツリーと荒川をバシッと撮れるスポットと聞き、ルンルンに期待して降ります。

時刻は16:00、到着が遅れてしまって夕日が沈む直前になってしまいました…。「やばい!時間がない!」と思って河川敷まで5分くらい猛烈ダッシュ笑。河川敷に着いた頃には汗びっしょり、本気の息切れを起こしていました。

夕日を撮るときは必ず日が落ち始める前、早いうちに到着しましょう!(当たり前ですねw)

河川敷に出てみると、とにかく空が大きい!!川幅の広い荒川なので遮るものがなく、東京都とは思えない広大な空気を味わうことができます。

ちなみにたった今wikiで調べたところによると、荒川は日本一の川幅を誇り、最も広い場所では2537mだそうです!すげーー!

最も川幅が広いのは埼玉県鴻巣と吉見町の間の土地で、世界一大きな花火が上がる「こうのす花火大会」が行われる場所でもあります。(2019年は台風により中止)来年はこうのす花火大会行きたい!!

四つ木には木根川橋という大きな橋があって、そこに夕日が良い感じでかかっていました。もう1時間早く来ればちょうど橋の上に夕日が来る最高の写真が撮れたのですが…ちょっと残念。

増水した河川が水たまりを作り、そこに夕日が輝いていました。ススキも生えているので秋に撮影するには良い場所ですね。夕日を背景にしてポートレートを撮るのもメチャクチャ良さそうです。人を気にする必要がないので色々挑戦できそうだなぁ。

雨でできた大きな水たまりを利用してスカイツリーをリフレクションさせました。自分で言うのも何ですがメチャクチャ綺麗ですね。このシチュエーションに出会えた奇跡に感謝しかありません。

これらの写真は水たまりギリギリまでカメラを近づけて撮っています。当然ながらカメラを握る僕の手や、カメラにつけたストラップは水たまりに浸かって泥だらけに笑

その後は暗くなっていく河川敷を何枚か撮って帰路につきました。

最後に

今回行った四ツ木は撮影スポットとして気持ちの良い場所でした。夕空を広く美しく撮ることができ、スカイツリーを目の前に大きく捉えられ、周囲を気にせず撮影に没頭することができる。また来たいなと思ってます!

ちなみにtwitterに投稿したところ、今までにない反響を得られまして、それもまた大満足でした。

また今回の撮影はほとんどZ 6とNIKKOR Z 50mm f/1.8 Sを使って撮っています。50mmの単焦点レンズは軽さや価格のバランスが凄まじく良く、信じられないくらい素晴らしい描写をしてくれる神レンズなので、Zを使っている人は買わない理由がないレンズ。

今回もとっても良い写りをしてくれました。今度50mmについてガッツリとレビューをしようと思ってます!ではまた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローいただけたら更にうれしいです。

プロフィール

Kenta Nakazato
平日はIT企業に勤め、週末は写真を撮ってます。
詳細なプロフィールはこちら