アートアクアリウム2017に行ってきたので、混雑状況等をレポート

こんにちは。夏祭りの写真を撮りに出かけたい、@LENS_BLOG_です。最近、僭越ながらTimeTicketというサービスで写真撮影を販売始めてみました。もし写真撮影して欲しいなどあれば、ご依頼くださいませ!

夏といえばお祭り、お祭りといえば金魚すくいの記憶が思い出されます。今考えると何であんなに熱中していたかわかりませんが、毎年必ず夏になると金魚を一匹持って帰っていた気がします。金魚って水槽に入れておくと、想像以上に大きくなるんですよねぇ。我が家にも長生きした子がいて、15cmくらいの大きさにはなっていましたw

ということで今回は金魚とアートの融合イベント、アートアクアリウム2017東京日本橋に行ってきたのでその様子をレポートします。

実はアートアクアリリウムには以前2014年に訪れたことはありまして、今回は2回目の来訪になります。あの時からどれだけパワーアップしているのか楽しみで仕方ない。

17:00 入場を試みる

場所は銀座線三越前駅直結のコレド室町1です。まず17:00頃に訪れてみました。曜日は土曜です。

そうしたら会場が4階にも関わらず、列がB1階まで続いていてなんと待ち時間が30分という行列…混んでると予想はしたものの、入場するのにそんなに時間がかかるのは驚きです。リア充なカップルが溢れている中、一人で30分も行列に並ぶ勇気はないので一旦退散して時間を稼ぐことに。

コレド室町は和の装いになっています。浴衣を着ている方も沢山歩いていて、まるで小江戸のように風情あります。写真撮影がめっちゃ捗ります笑。

ちなみにアートアクアリウムには優先チケットというものがあって、並ばずに入場することも出来ますので、時間や混雑気にせず入りたいという方はそちらを購入下さい。カレンダーや食事等のおまけがつく代わりに、値段が5,000円〜8,000円かかります(通常は1,000円)のであしからず。

18:30 再度トライ

ブラブラして18:30頃に戻ってきて再びトライ。先ほどのように下の階まで並ぶなんてことはなかったので、5分くらいで入れました。

たった一時間半の違いですが、並ぶ時間は大きく変わります。時間に余裕があれば、僕のように少し時間を置いて入場するのはありです。コレド周辺は色々とお店があるので時間をつぶすには事欠きません。

中はかなりの混雑状態

会場内も激混みで、人気の高いスポットは行列に並ばなければいけない状態でした。入場するだけでなく、入場しても結局行列に並ぶのか…。

ちなみに入り口付近にある小さな水槽が続いているところが最も混んでいました。メインどころではないので、あまり混んでるようならスルーして前に進んでしまってOKと思われます!

逆に言うと、そこをスルーすれば比較的早めに前に進んでいくことが出来ます。まぁ混んでいるのには違いがないですが…

入口にある8角形の水槽を泳いでいた金魚。ぶちぶちの顔とライティングが相まってちょっと不気味な雰囲気になってしまいました。

江戸切子に入った金魚たち

江戸切子に入った金魚たちを見ることができます。合計で20くらいはあるんじゃないでしょうか。色んな金魚がビー玉と一緒に江戸切子の中を泳いでいてキレイ。

個人的には3枚目のまんまるの金魚が好きでした。本人たちがビー玉みたいな形。。

ちなみに天井の照明も江戸切子で出来ています。この辺はキレイですしこだわりが見られてグッド。地震起きて落ちてきたら怖いですがw

メインの特大金魚鉢

メインとなる超特大の金魚鉢です。金魚たちが所狭しとひしめき合っていて、見ていてちょっと怖い笑。けど見ていて飽きないですし、ライティングもどんどん変わっていってとてもキレイなんです。

金魚鉢の周りには球体の水槽と、水の受け皿の部分があります。なんだかアートを感じますよね。

プロジェクションマッピング

竜宮城をテーマにしたプロジェクションマッピングの上を金魚が泳ぐという演出があります。金魚の影がきれいに写ってとっても美しいです。ただ、写真に撮るとかなりしょぼいので、肉眼で楽しみましょう。

19時以降はお酒が飲める

 19時はナイトアクアリウムという体裁になり、バーでお酒を頼むことが出来るようになります。お酒を片手にアートを楽しむことができるので、ぜひこの時間に来ることをお勧めします。DJが登場して音楽をかけたりもします。

獺祭とのコラボ

バーとは別に酒造の獺祭もブースを出していて、日本酒が売られていました。ちなみに上のビー玉とくらげの写真は、獺祭とアートアクアリウムとのコラボ水槽なんです。

流れるプールのようにくるくる回るようになっているので、見ていると目が回ります。日本酒を飲みながら見るのは要注意です笑

アートアクアリウムとのコラボ

いくつかのお店で、アートアクアリウムとのコラボ商品を販売しています。こちらの写真はハンバーガー屋さんのTHE BEAT DINNERというお店です。

コラボドリンクとして、キウイ味のソーダを販売しています。ビー玉のように見せているのは、実はタピオカ。見た目にフォトジェニックなだけでなく、さっぱりとして夏にぴったりのドリンクでした。

いかがでしたでしょうか!?アートアクアリウムは少し混んでいますが、入場料は1,000円と安いですし、暑い夏を涼むイベントとしてピッタリです。お越しの際は、夕方等の空いている時間帯を狙って行くのが良いでしょう。

ぜひ一度行ってみてくださいませ!

アートアクアリウム日本橋
会期:2017年7月7日(金)〜9月24日(日)
時間:11:00-23:30(最終入場:23:00)
場所:日本橋三井ホール(東京都中央区日本橋室町2-2-1 コレド室町1 受付4F)
アクセス:東京メトロ銀座線 三越前駅A6直通
電話番号:03-3270-2590
サイト:コチラ
料金:大人1,000円、小人600円
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローは下記

プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D600、Sony Nex-3です。