レトロな街並がフォトジェニック!”柴又”のおすすめスポット9選

レトロな街並が残る葛飾区柴又。映画「男はつらいよ」で有名なこの街は、写真を撮りたくなる素敵なスポットや美味しいお店がいっぱい!ひとたび歩けば、タイムスリップしたかのような気持ちになること間違い無しです!

そんな柴又を、メジャーな観光順路に沿って一つ一つ紹介していきます。

1. フーテンの寅さん像

京成線柴又駅をおりると、目の前に飛び込んでくるのが寅さんの銅像。みてくださいこの哀愁ただよう佇まい

この像は「旅に出る寅さんが、さくらの方を振り返ったシーン」がモチーフだそうです。表情といい、ポージングといい、とても雰囲気がでてきますよね。

この寅さん像には、左足に触れると願いが叶うという言い伝えがあります。寅さんポーズで記念写真を撮ったあとは、ぜひ足に触ってご利益に与かってください!

ちなみに京成電鉄金町駅は単線なので、電車の本数は多くありません。寅さん像は人気の撮影スポットで、電車到着直後は人であふれていますが、10分ほどすれば空いてきます。ちょっと待ってからゆっくり撮影するのもオススメです。

2. かなん亭

駅から帝釈天に行く途中、必ず目に付くかなん亭。駅からは徒歩1分くらいでしょうか。とにかく目の前です。

ここは中でご飯を食べることも出来ますし、出店で焼き鳥やもつ煮を食べることもできます。

特に焼き鳥は作り置きせずその場で焼いてくれて、とても美味しいのでめちゃくちゃオススメです!電車で疲れた方もいらっしゃると思うので、早速焼き鳥とビールで昼から一杯どうでしょうか。

3. ハイカラ横町

上述のかなん亭の隣にある駄菓子屋さんがハイカラ横町です。ご覧の通り、とってもレトロな雰囲気でフォトジェニックなので、是非一度入ってみてください。意外と広くて驚きます。

中では駄菓子やお土産がたくさん売っていたり、射的などの懐かしいゲームで遊んだりすることも出来ます。

僕がオススメなのはピンボール。100円で3回という安さで熱中できます。恥ずかしがらず、童心に帰って楽しみましょう。

4. 柴又駅から帝釈天への参道

ハイカラ横町を出たら、人の波に沿って帝釈天に向かいましょう。

帝釈天の参道は、出店がたくさん出ていて歩いていてとても楽しいです。街並もレトロな雰囲気を残していて素敵ついつい写真を撮りまくってしまうと思います。周りの人の邪魔にならないように注意してください笑

ここは人が多いので、街並だけをきれいに写すのは難しいです。自分はトライできませんでしたが、朝早めか夕方になれば人がまばらになってくるそうなので、写真をきれいに残したい時はその時間を狙いましょう!

出店がいっぱいあるので、何を食べるか迷いますが、自分の食べた中でのオススメは「高木屋」のお団子です。柔らかくてたっぷりタレがかかったみたらし団子は絶品!

ほかにもおせんべいや、芋ようかんも美味しかったです。

5. 柴又帝釈天

人をかきわけ参道を進んでいくと、10分ほどで帝釈天に到着します。

帝釈天は「男はつらいよ」でも有名な、柴又のランドマーク的なお寺。観光客も一段と多くなります。正式名称は「経栄山 題経寺」というらしいです。

立派な境内で、松がとても雰囲気を演出してくれています。

6. 邃渓園(すいけいえん)

帝釈天を奥にすすんでいくと、邃渓園という庭園があります。

ここは柴又で最もオススメのフォトスポット入館料は大人400円かかりますが、帝釈天にきたら必ず入った方がよいです!

とても風情のある回廊と、素晴らしい庭園が広がっています。

なかにお茶を飲んで休憩出来るスペースもありますので、庭をみながら疲れを癒してください。

7. 山本亭

帝釈天を出て5〜10分ほど歩いたところに、山本亭というお茶屋があります。

とても素敵な木造建築で、その緑ゆたかな庭園は日本庭園ランキングで3位を獲得したこともあるんだとか。

広間では琴の演奏会なども行われていることがあり、運が良ければお茶をたしなみながら音楽も楽しむことができますもちろん演奏会は無料で聞けます。

抹茶、ぜんざい、緑茶などを頼むことができます。庭園をみながらのお茶は、優雅な気持ちになること間違い無しです!

なお、山本亭は入場に100円かかりますが、寅さん記念館と山田洋次ミュージアムの入場券もあわせた600円のチケットを買うこともできます。

http://www.katsushika-kanko.com/yamamoto/guide/

8. 寅さん記念館 & 山田洋次ミュージアム

山本亭から徒歩5分程度歩くと、寅さん記念館と山本洋次ミュージアムが姿を現します。

寅さんファンはもちろんですが、寅さんのファンじゃないという方にもオススメです!「男はつらいよ」のセットがそのまま再現されていたり、ミニチュアの街並が作られていたりと、見応えたっぷり。写真も撮影OKなので撮りまくっても大丈夫です笑

9. もんじゃ焼屋さん ”と陸”

柴又をゆっくり見て回ると、4〜5時間くらいはかかります。疲れてお腹が減ったら、最後に「と陸」でもんじゃ焼きやお好み焼きを食べてから帰りましょう。

駅から徒歩5〜6分くらい。駅からもとても近いので、帰り道に立ち寄るのにちょうど良いです。看板がいくつも出ているので迷わないと思います。

メニューはもんじゃが600円から1000円くらいで、とてもリーズナブル。自分は明太子チーズキムチにもちをトッピングしてみました。値段は安いですが、しっかりとした味で美味しかったです。

お店の人が焼き方や食べ方を教えてくれたりと、下町情緒あふれる素敵なお店なのでオススメです!

https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132403/13097366/

下町情緒あふれる街、柴又

下町情緒あふれる街、柴又はいかがでしたでしょうか?東京の都心からも近く、手軽にいける観光スポットとしてとても魅力的です。

写真撮影のスポットとしてはもちろんのこと、安くて美味しいものを食べたり、庭園を見ながらお茶を飲んでゆっくりしたりと、色んな楽しみ方ができます。記事を見てぐっときたら、ぜひ京成線に乗って出かけましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローは下記

プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D600、Sony Nex-3です。