D750とD810を比較して、D750が欲しくなっている件

こんにちわ、@LENS_BLOG_です。昨今、新しくカメラを買いたい欲が爆発中です。

いま僕が持っているのがメイン機はニコンのD600。5年前から使っている愛用機で、特に写りにもコンパクトさにも不満がある訳ではありません。最近のニコンの業績悪化には多少の不安があるものの笑、ニコンのレンズに大きな不満がある訳でもありません。

今回は新しいカメラが欲しくなったかという経緯から、悩んでいるD750とD810について書きたいと思います。この記事は長くなる気がします。。w

新しいカメラが欲しくなった理由

大きく分けて2つがあります。

  1. D600にはダスト問題があり、絞ると黒い点が目立つ
  2. 結婚式などのイベントでは、一台での取り回しに限界がある

このうち、もっとも決定的な問題は2であり、1はオマケのようなものです。D600は初期のうちから、ローパスフィルターにダストが付きやすい不具合があり、メーカー側もそれを認めています。ニコンプラザに持ち込むか郵送すればある程度修理してもらうことは可能ですが、毎週撮影してるので長い期間修理に出すのも気がひける…そして長い期間かかっても完全にダストがなくなるかは謎。

ダストは85mmのような中望遠でぼかして撮る分にはあまり目立たないものの、パンフォーカスで長時間露光をしたりすると顕著になってきます。

上記は先日書いた板橋の花火大会です。よく見ると黒いほこりがたくさん付いていますよね?このままだと人に見せられたものではないので、仕方なくフォトショで黒点をポチポチ消す作業をしています。これが想像以上に面倒くさい!一枚や二枚であればいいですが、50枚や100枚といった数になってくるとつら過ぎ…まぁ、面倒くさいだけでなんとかすることも出来ますし、絞るなど撮り方次第では問題ないので、決定的な要因ではありませんが。

2つめの理由は、イベントを写す時にカメラ一台では限界があるということです。これは最近、結婚式の写真などを本気で撮るようになって分かったことです。

イベントを撮るときは特定の人にフォーカスして撮ることもあれば、全体の雰囲気を写すために広角で撮ることもあります。この取り回しが、一台だけでは物理的に難しいのです。

もちろん絵にこだわらなければズーム域の長いレンズを使って撮れば問題ありません。でも自分としては高いクオリティを求めたいんです常に単焦点を使いたいんです!特に人をアップにして撮るときは、可能な限りボカしたい!

これがポートレートや風景の撮影であれば、レンズ交換する余裕があるのであまり気にする必要はありません。逆に交換してる間に自分の頭の中を整理する余裕が出来るので、良かったりもします。

ただ、結婚式などのイベントごとでは話が変わってきます。一瞬一瞬が二度とない景色なので、レンズ交換している余裕がないんです。例えばケーキカットをしてる間に、寄りで撮ってレンズ交換して引きで撮って…などしている時間はありませんよね。交換している間に決定的な瞬間を見逃してしまうかもしれません。依頼主さんにとって一生に一度しかないその瞬間を撮り逃してしまったら、フォトグラファーとして失格です。

この物理的な制約については、写真の腕をどれだけ上げたところでカバーすることが絶対に出来ません。今後お金を頂いてのイベント撮影をやるのであれば必要な投資です。ということで前置きが長くなりましたが、何のカメラで迷っているかを書きますね!

検討中の2機種

ずばり、ニコンのD810かD750の二択で迷っています

まずレンズの資源があるのでニコンのフルサイズであることは確定です。そうなると現行ではD5、Df、D810、D750、D610の5択に絞られます。Dfはかっこいいので心惹かれるものの、性能重視なのでDfを選択肢から外し、現在使用しているD600と同じ性能であるD610も外しました。ここまではスムーズ。

D5は少し心が揺れます。今後自分がきちんと写真を撮っていくと考えたら、やっぱり最高級のカメラを使うべきではないのか。自分の写真の質があがるということ以上に、高いカメラを持つという行為自体が「カメラと真剣に向き合う」ことにもなるし、「やらねばならぬ」という責任や覚悟にもつながる。また日常使いには最適なD600があるので、普段はそれを使いつついざという時にD5を使うという使い分けも出来ます。

でも、やっぱり今の時点ではそこまで覚悟を決めることは出来ません…もっと写真を撮ってレベルを上げたりクライアントが付くようになってから買うのでも遅くはないはず。僕はこれまで所有してきたカメラが、デジカメ→APSCエントリー機→APSC中級機→フルサイズのエントリー機という変遷なので、一つ一つ階段を登っていく意味でも次に買うのはフルサイズの中級機なんではないかと。

そういったところでD5を一旦選択肢から外し、D810とD750に絞られました。ここからは迷いの連続です。

スペック比較

僕自身はいつも作例を見たり、店頭で手に持った感覚を大切にしてカメラを選んでいます。ですが、まずはやっぱりスペックから比較してみます。

  D750 D810
画素数 2493万画素(総画素)
2432万画素(有効画素)
3709万画素(総画素)
3635万画素(有効画素)
ISO感度(標準) ISO100~12800   ISO64~12800
シャッタースピード  1/4000~30秒  1/8000~30秒
重さ  750g  880g
連写撮影  6.5コマ/秒  6.5コマ/秒
AF輝度検出範囲

-3.0〜19.0

-2.0〜19.0

カカクコム最安価

 15万円程度  22万円程度 

その他

バリアングル液晶
wifi機能

 

まず画素数ですが、さすがはニコン史上最高画素のD810有効画素3635万と圧倒的です。画素数が多いということは、大きく印刷してもきれいに見えますし、クロップ耐性もあるので編集の幅が広がります。ストックフォトなどのサービスで素材として写真を販売するという意味でも非常にアドバンテージがあります。

その反面で、画素数を増やすと高感度撮影時のノイズが多くなるというデメリットもあります。色々な作例を見ていると、D750は高感度撮影に非常に強いということがわかります。

http://www.mattgranger.com/d750より拝借。

高感度撮影に強いと、イベント撮影や星空撮影といった場面で使いやすいです。この点は非常にD750が勝っているところでしょう。また、最後に書いた「AF輝度検出範囲」というのは「ピントが合わせられる明暗の範囲」のことらしいです。D750の方が-3になっているので、暗所でのAF性能が少し高いです。

その他のスペックでいうと、D810の方が低感度のISOで撮れるという点や、シャッタースピードでも8000分の1まで撮影できるなど勝っている点が多いです。ポートレートを撮るようになって分かったのですが、低感度で撮影できる強みは大きいです。昼間の明るい光の中でF値を下げた写真を撮ることもありますし、日中シンクロ(昼間のフラッシュ撮影)をしようとするとシャッタースピードを下げなければいけないため、白とびがしやすくなってしまいます。最低感度が低いことはD810の強みですね。

重さは約100gの違い。店頭でボディを持つとやっぱりD810は重いなと感じます。ただ、レンズをたくさん持ち運んだり三脚をもったりしたら、正直100gの違いはそんなに気にはならない気がします。

金額とスペックのバランス

スペックだけ並べると、やっぱりD810の方がよく見えますよね。実際に店頭に行って撮ってみても、D810は余計な(?)のシーン選択がないシンプルなダイヤル配置、ずっしりとした重み、シャッター音の高級感など、所有欲を満たすポイントがあります。プロが使うカメラという雰囲気。

金額の違いは現在7万円程度。正直、この先何年も使うと考えたら金額差は大きくないとも思いますが、レンズを一本買い足せるくらいの金額でもありますので、そう考えるとD750+レンズの方がいいんじゃないかとも思ったりします…迷うなぁ。

迷ったら初心に立ち返るのが僕の信条。自分が新しいカメラを何に使うのか見直してみることにします。

カメラの利用用途
1. 旅行先や町中でのスナップ
2. 風景撮影
3. ポートレート撮影
4. イベント撮影

正直、1〜3については今のD600でも満足はしていますし、明確にパワーアップをさせようと思ったらD5まであげる必要がある。カカクコムで、D750とD810の撮り比べ画像が掲載されています(D810とD750を撮り比べてみた)が、ぶっちゃけ僕の目にはほとんど違いが分かりませんw。(節穴かw)

そのため4のイベント撮影が最もポイントになってきます。そもそも、ここは僕が最も人から依頼を受けるジャンルでもあるし、今回新しいカメラを購入する動機でもありました。

イベント撮影で多いのは結婚式の二次会やパーティーです。こういった場面では照明が暗い上に、人が動き回るためシャッタースピードも早くしなければいけない。もちろん三脚など立てられません。暗所でのAF性能が高く、高感度のノイズ処理が優れているカメラがベストなんです。

D750とレンズ

こうやって色々調べて書いていくと頭の中も整理されていきますね。実は2台目の検討を始めた時はD810の一択で探していたんです。やっぱりプロ仕様でかっこいいカメラが欲しいと。

ところが自分がなぜ新しいカメラを欲しいのか、どんなシチュエーションで使うのかを考えていった結果、暗所での撮影が得意なD750が良いのではないかという結論に至りつつあります。これは自分にとっては意外な結果。当然のことですが、最初の感覚だけでなくきちんと比較した上で決めるのはとても大切ですね。

もしD750を購入したら、元々考えていた予算よりも下回るのでレンズも購入したくなるのが性(さが)というもの笑。実はいま逆光性能の高い中望遠レンズが欲しくて、Nikkor 85mm F1.4Gが喉から手が出るほど欲しいのです。ヤフオクで検索すると12万円程度で購入できるので、D750とあわせて27万円程。ちょっと予算オーバーですが頑張れば買えなくない範囲です。あぁ…沼にハマっていく

こうやって比較して悩んでいる時が一番楽しいんですよねw一旦の結論としてはD750に至りましたが、もう少し店頭で触ったりして慎重に決めようと思います。買ってから後悔したくないのでw

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローは下記

プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D4S、D600です。