新カメラ開封の儀 〜ニコンの誇る最上位機種〜

こんにちは。@LENS_BLOG_です。僕は普段、ニコンのコンパクトなフルサイズ機、D600を使って全ての撮影をしています。

最近は結婚式の写真撮影を始めているのですが、どうしてもカメラ1台では足りないことが分かってきました。1台しかないと、その1台に何かがあった時に替えがきかないという恐怖がありますし、単焦点レンズで撮り回すことも難しい…

依頼主様にとって一生に一度しかない結婚式で失敗するわけにはいかない!クオリティ高く満足してもらいたい!という思いで、今回カメラを新しく1台購入することにしました。

買うと決めたその日から、ニコンのD810かD750どちらを買うつもりで1ヶ月以上悩みましたorz。ブログで比較記事も書きました。そうこうしている間に、D850という驚異のハイスペック機も発売されました笑

悩んだ末に発注したカメラが本日届いたので、早速開封の儀をしたいと思います。 ぶっちゃけワクワクドキドキし過ぎて昨夜はよく眠れませんでした笑

ドーン!!

そうです、購入したのはニコンの1つ前の最高級機であるD4S。1桁機といえばフラッグシップの証、ニコン好きであれば憧れの機種です。この箱を見た瞬間に過去10年以上のカメラ歴がフラッシュバックしてきて、えも言われぬ感動を覚えてしばし呆然としてしまいました笑。

D750を買おうと思っていた自分がなぜD4Sを選んだか?という理由については後々書くとして開封を進めていきます。

今回はヤフオクを使って中古の美品を購入しています。以前は、1桁機は使い古したものしかないから中古で買ってはいけないという鉄則がありましたが、D850が出たこともあってか、良い中古もたくさん出品されています。

上の写真でもご覧頂ける通り、キレイに箱詰めされて新品のように揃っていました。

CDなどがはいった上蓋をはずすとD4Sの形が登場!!この縦に大きいフォルム、間違いなくプロ機のそれですね。早くフタを外して構えたい衝動を押さえ、一旦落ち着いて付属品に目をやってみます。

これがD4Sのバンドです。D600と比較すると幅が一回り大きかったです。

服などでもブランド名がはいっているものが好きではない僕としては、あまり純正のひもは好きではないのですw。ですが、D4Sはオレこれ持ってるぜー感をこれ見よがしに出したいのでしばらく付けていきたいと思っています笑

最初なんだこれ??と思いましたが、バッテリーのチャージャーでした。これまでのカメラと比較してめちゃくちゃ大きい、かつ二つ入るのが特徴的です。せっかく二つ入るので、後ほどバッテリーを1つ買い足すつもりです。

さて、ついに本体を取り出してみます。

おぉぉぉ!!夢にまで見たD4Sが目の前に!カメラを趣味にして苦節10年。ASP-Cのエントリー機D40から始まり中級機D90、フルサイズのD600と所有してきてついにD4Sまできました。長い道のりだった。

第一印象は「なにこれメッチャでかい…」でした笑。電気屋で触っていたにも関わらず、家で出会ったD4Sは記憶よりも一回り大きかったです。空間の広さも問題でしょうが。

しかしながら、やっぱりカッコいい。オシャレやスタイリッシュなカッコよさではなく、建築現場で動く重工機のような無骨でいかついカッコよさがあります。

持ってみるとずっしりとした重みが。D4Sから「プロ機を持つ覚悟はあるのか?」と問われているような、試練のような重さがあります。

D750とD810で迷っていた僕がD4Sを選んだ理由はいくつもあります。ただその中で一番大きかったのは、結婚式の写真撮影をやってみて感じた責任感です。お金を頂いて、その人の人生に一生残る写真を撮る行為の重大さ・責任の重さが自分の考え方を変えさせました。

普段は会社員で働いているアマチュアフォトグラファーとはいえ、依頼を受けて撮影する以上はプロとして結果を残さなくてはいけません。新郎新婦の思い・期待に対して全力で答えなければいけません。

引き受けるからには相応の覚悟が必要。その覚悟の一つが、プロ機を持つということだったんです。選んだ理由はもちろん機能的なこともありますが、精神的なものが一番大きかった。

輝く「D4S」の文字。うーん、近くで見てもかっこいいですね。

ちなみにこうやってカメラを色んな角度で撮っていたら、嫁がいつも通り「やれやれ」という顔をしていました笑。たしかに、はたから見たらカメラをカメラで撮りまくってるヤバいヤツであることは間違いない。

ボディ左上のボタン配置です。D600とは違って多彩なオート機能(使ったことない)が付いていなくて、そのかわりオートブラケットなどのボタンがついています。これは慣れたら使いやすそう。

側面にもシャッターボタンがついています。初めての体験…縦に構えたときにはこっちの方が使いやすいんですかね。縦位置の構え方が変わりそうです。縦写真を撮ることが多い僕としては、早く使ってみたい。

電池はこのようにカメラの下に入れるようです。今までの機種と比べて電池の大きさも全然違います。

メモリーカードはコンパクトフラッシュです。今まではSDカードだったので、今回新しく購入しました。ケチって32GBにしてしまったのですがもっと大容量にすれば良かったと後悔w ただ、D4Sは1600万画素とD600よりも画素数が小さいので、とりあえず32GBでも大丈夫なんじゃないかな…とは思ってます。

僕の大好きなレンズ、85mmを装着してみました。明るみで見ると、レンズがかなり汚れてることが分かりますwかなり年期がはいってきたなぁ。

自宅の洗面台で試し撮りしてみました。構えてみると思わず「お、重たい…」という声が自然と出ます。これは写真の腕を上げるだけではなく、腕の筋肉をつけなければいけないことが分かりました笑。

さて本日は、届いたカメラを開封した感動だけをお伝えしてきました!カメラ自体のレビューやどんな写真が届くかはこれから記事を上げていきたいと思っていますのでお楽しみに!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローは下記

プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D4S、D600です。