これから一眼レフを買いたい人へ。一眼レフの魅力ってなに?

初めて一眼レフを買おうという人全てに届けこの思い!!

今日は普段思っている一眼レフの魅力を書きます!購入を迷ってる方や、「え、何がすごいの?ちょっとよくわかんない」という方見てください!

僕は普段からカメラ好きを広言しているので「一眼レフ買いたいんだけどどう思う?」とか「一眼レフの何が良いの?」とか色々と聞かれることが多いです。

どんな人が一眼レフを買おうとするかというと、子供が出来るとか結婚みたいな大きなライフイベントが起きる場合と、インスタで感化される場合が最近は多いかなーというのが肌感。

ということで、僕なりに魅力ポイントをまとめました。完全に私感ですのであしからず!

1. めっちゃボケる

一眼を使えばボケた写真が撮れる!もう、何よりもこれにつきます!

ぶっちゃけ今のスマホの画質ってすごいです普通に風景写真を撮ってインスタやFacebookにあげるのであれば、スマホと一眼の違いはあんまわからない…w

しかしながら、綺麗なボケ味というのは、スマホでは真似できないです。ボケた写真を撮りたいと思ったらやっぱり一眼レフ。

ボケは、人間の目では普段見ることの出来ないものです。何気ない日常に生み出される非日常の世界。ボケ写真に心ひかれるのは、そこがポイントなのかなと自分的には思ってます。

2. 夜景がめっちゃ綺麗に撮れる

日本人はみんな夜景やイルミネーション好きですよね!?少なくとも僕は大好きです。笑

でも、スマホで綺麗に夜景を撮るのは極めて難しい…暗いところでスマホを使うと.ノイズだらけのザラザラ写真か、不自然なフラッシュを浴びた写真しか撮れませんから…(少なくとも僕の技量では)

そんな時には一眼レフです!夜景を撮るのはちょっとテクニックが必要ですが、一眼レフなら綺麗に写せます。

夜景や、暗い場所での撮影がうまくいくと、すっごい満足感を得ることができますよ!自分の目で見るよりも綺麗に撮れることもありますw

あと、インスタなどでの「いいね」がいっぱいつきます笑

3. 何気ない日常に変化が起きる

一眼レフで写真を撮ると、普段であれば気に留めない些細なものであっても、急に詩的に見えたりします。

そこにストーリーが生まれて、見る人の想像力を掻き立てるんです。地面に落ちた花びらも、古びたポストも、通いなれた道も。

何気ない日常が、一眼で撮ることによって変化が起きて、ちょっと楽しくなる。素敵だと思いませんか!?素敵ですよね!(強引)

4. 旅行が楽しくなる

旅行の楽しみが一気に増えます!これは間違いないです!日常でさえも変化が起きるのですから、もともと非日常の旅行なんていったらもうヤバいです。

美しい風景を撮るのも良いですが、海外旅行にいったときなどは現地の日常の風景や、現地の人をたくさん撮るのがオススメですよ!特にアジアの人などは、写真撮られると喜びます笑 笑顔の写真を撮ると気持ちがハッピーになります。

ちなみに僕はもともと旅行が好きで、旅行の記録をもっときれいに残せないかなーと思ったのが一眼レフを始めたきっかけです。で、撮り始めたらめちゃくちゃハマってしまったw

僕の周りだけなのかもですが、旅行好きの人は一眼レフを買うと写真好きになることが多いです。

5. 自分の撮りたい写真が撮れる

一眼レフでは、自分がこういう写真が撮りたいと思ったら、叶えることはできます。

シャッタースピードを落として花火を撮るもよし、シャッタースピードを早くして時間を止めるもよし。自分の好きなカラーで撮ることも出来ますし、露出をオーバーにしたりアンダーにしたり、自由自在です。

自分がこんな写真撮りたい!こんな写真にしたい!と思ったら実現できます。時にはレンズを買ったりしなければですがw

また、その逆で、とにかくきれいに写したいんだーということであれば、小難しい設定なしにオートで撮れば良い。自分の好きなように使うことが出来るのはとっても魅力です。

6. シャッターを切るのが気持ち良い


若干マニアックかもしれませんが、シャッターを押したときに「パシャッ」という音と感覚は、スマホやデジカメでは味わうことができない気持ちの良いものです。

あ、オレ写真撮ってるなーという感じがします。それだけでワクワクします笑

家電量販店にいってカメラを触ってみると分かりますが、機種やメーカーによってシャッター音や、押した感触は全然違います。

一枚写真を撮るときに必ず発生する音なので、もし購入の際には、シャッター音も検討材料に入れることをオススメします!使って気持ちが良いものでないと長続きしないからです。

7. 操作が簡単

ここ、誤解されていることが多いので声を大にして言いたい。
操作は簡単です!
オートで撮ることができるので、こだわらなければただボタンを押すだけで綺麗な写真を撮れます。「自分には使いこなせないかも・・・」「なんか難しそう・・・」と二の足を踏んでいる人、全然心配いりません!
一眼レフは色んな機能がありますが、全ての機能を使いこなせる人なんていませんし、そもそも必要がないです!最初はオートで撮り始めて、「こういう風に撮りたいけどどうすればいいのかな」となったときに少しずつ覚えていけばいいのです。
アナログの時代は写真を撮るのにスキルが必要でした。光を見てシャッタースピードや絞りを計算しなければいけないですし、撮影してすぐ確認できず現像後にようやく分かる。それに比べれば、デジタルの一眼レフは本当に簡単です。スキルなど必要なく、ただシャッターをきれば良いだけ。

8. レンズ等の周辺グッズがたくさん

レンズや三脚、外付けストロボなど一眼レフに付随して色んなグッズがあります。ガジェット好きだったり、コレクター癖のある人たちは、財布からどんどんお金が飛んでいかないように注意w
特にレンズは、一眼レフにとって最も重要なパーツです。一眼レフは本体とレンズ、この二つが絵作りに関わってきます。レンズは万能なものがありません!何かに強みをもっていれば何かに弱みを持っています。そのため、ついつい色々買ってしまうんですよね…

ちなみにレンズをたくさん買ってしまうことを「レンズ沼にはまる」と表現します。これは一般用語なので覚えておいて損はないですw

以前、単焦点レンズを買うべきというエントリーを書いていますので、レンズについてはぜひこちらも読んでみてくださいませ!

=========

いかがでしたでしょうか!?

これまで書いてきた通り、一眼レフは魅力がいっぱいです!一眼レフによって、日常に変化が生まれ、生活のスタイルが変わる可能性すらあります笑

そして、一見すると始めるハードルが高いように感じるかもしれませんが、実はとても簡単です!迷ったら、エントリーモデルからでも、ぜひ購入をおすすめします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D600、Sony Nex-3です。