目でも舌でも楽しめる!多治見の小料理屋「美濃焼和食割烹 二代目 浪花」が最高でした!

こんにちは。写真と陶器とフォトジェニックな場所が大好きな@LENS_BLOG_です。

先日、岐阜県の多治見に美濃焼を買いにいきました。そこで立ち寄った小料理屋さんがとってもフォトジェニックかつ料理も美味しかったので、ご紹介したいと思います。

お店の名前は「美濃焼和食割烹 二代目 浪花」。美濃焼の陶器で美味しい和食を楽しむというコンセプトでやっているお店です。今調べてみたら、アメブロもやっているようです。なかなか先進的。

お店のたたずまいはこのような感じです。表参道とかにありそうなオシャレな雰囲気。外装からして、お店の方のセンスが良いことが分かります。

のれんに描かれているマークは、織部焼をモチーフにしていそう。このマークもカッコいい。

中に入るとすぐに目に飛び込んでくるのが、入口に置かれた美しい美濃焼の器たち。

もちろん陶器自体が素晴らしいというのはあります。でもそれだけではなく、ディスプレイの仕方が工夫されているから、ここまでキレイに見えるんじゃないかと。お店のこだわりをここに感じます。

中に入ると、ところ狭しと置かれた美しい美濃焼が!カウンターの前にも陶器の器がならんでいてオシャレ感がすごい。見た瞬間、思わず「すげーーー!」と声が出てしまってお店の人に驚かれましたw。

これは、美濃焼を使った料理の盛りつけの勉強になるに違いない…と想像を巡らせました。

17:00過ぎというかなり早い時間に訪れたため、僕がお店に入ったときはほとんどお客さんはおらず、席も選びたい放題でした。

座ったのは、厨房を横から見れるカウンター席。カウンター席は、作り手のみなさんの様子が見れて好きなんです!

店内にディスプレイされた器には料理が乗っていてます。面白い。

メニューを撮るのを忘れてしまったのが無念…。料理は和食の小料理屋さんといった感じで、居酒屋にありそうなメニューは一通り網羅されていました。

まず、冷や奴をオーダー。

朱色の美しいお皿に盛りつけられて出てきました。配色が本当にきれい。この美しさだけでご飯3杯いけそうですw

冷や奴には肉味噌とミョウガがのっていて、甘辛い絶妙なバランスが素敵でした。味もさることながら、葱の散らし方など、見せ方が素晴らしい。

続いてあさりの酒蒸しをオーダー。

これは写真だと漆器に見えますが、実際には美濃焼の陶器です。あえて漆器を使わずに陶器を使うあたり、美濃焼愛が感じられてうれしい。

お味としては、ちょっと薄味でしたがバターが効いていて美味しかったです。

続いて、お刺身の盛り合わせ!

これは僕も購入した、飴釉のお皿が使われていてテンションあがりました!一見して、ガラスの器かと思いますよね。実際には、ピッカピカの陶器なんです。刺身とこのお皿、よく合うなぁ…

飛騨牛のローストビーフと肉寿司です。見るからに美味しそうですよね。今見てもよだれが出てきます。

岐阜県は飛騨牛が大変有名で、色んな場所で食べることができます。霜降りが多くてきれいなピンク色をしているのが特徴なんだそうです。柔らかくて美味しいだけでなく、美しくて写真映えがします笑。

また、平なお皿の使い方として勉強になりました。僕は黄瀬戸の平らなお皿を持っていて、とっても見た目がかっこいいのですが…汁気のあるものが置けないため、なかなか出番がなくなっていました。今度、ローストビーフを載せてみたいと思います。

ちょっと写真だと料理が見にくいですね。ごめんなさい。こちらはアスパラです。

美濃焼は、こういった水色の柄が入った陶器はあまり多くありません。僕的にも、どちらかというと織部や志野が好きなので、こういうお皿を持っていないですし、自分が持っているお皿とのコーディネートがしずらいかなと思って買っていませんでした。

でも、このように盛りつけられているのを見ると、他の器とも馴染んでいますし、なにより色んな種類の器が並んでいた方が賑やかな感じがして楽しいですね。ここも、一つ勉強になりました。

お刺身やお肉などが、夫婦二人で食べるにはけっこうボリューミーだったのですでにお腹が一杯ですw なので、ちょっとしたポテトサラダを頼みました。

花型の織部にポテトサラダ、真ん中にトマトを載せるというこのバランスを見て頂きたい!とってもきれいです。これはもう、真似するリストに追加です笑。いただきました。

もうお腹がいっぱい。締めのお茶漬けです。

絶妙な色合いと模様の丼で、これをみて柄物の丼を絶対買おう!と決心しました笑。

こちらを頂いたあと、お会計。

人も続々と入っていて、僕らがお会計をした19:30頃には、ほぼ満席でした。様子を見ていると、僕らのような観光客は少なくて、地元の方が多い様子。人気店なんですね!

いかがでしたでしょうか!?僕としては、料理も陶器も写真も楽しめて一石三鳥でした笑

多治見で陶器を買った後か、もしくは買いにいく前に是非立ち寄って頂きたい素敵なお店です!多治見の陶器店が並ぶ「オリベストリート」も近いですし、お昼もやっているとのことですので、陶器巡りの合間にいくのも良いと思います。

美濃焼和食割烹 二代目 浪花
・住所:岐阜県多治見市栄町1-46
・アクセス:多治見駅 南出口より 徒歩3分
・連絡先:050-5590-8471
・席数:79席
・食べログURL:https://tabelog.com/gifu/A2103/A210301/21000364/
・ブログ:http://ameblo.jp/naniwa-tajimi/

※この記事の写真は下記の50mmレンズで撮影しています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローは下記

プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D600、Sony Nex-3です。