【IT企業の方必見】鮨一新は極上の寿司が安く食べれる最高の店。予約方法から料理写真まで。

こんにちわ。寿司が大好きな@LENS_BLOG_です。

IT業界に勤務している方は要チェック!関東ITソフトウェア健康保険組合に加盟していれば、とっても安く美味しいお寿司が食べられる「鮨一新」をご紹介します。

鮨一新とは

鮨一新は、ミシュラン2ツ星の銀座「鮨かねさか」の系列店。関東ITソフトウェア健保の委託によって、加盟企業向けに安く出店しているらしいです。それによって本店の「鮨かねさか」では3万円程度かかるようなコースが、なんと7500円で食べれるという超高コスパのお店なんです。

僕はIT企業に9年程度勤めていながら、つい先日初めて行ったのです。そうしたら素晴らし過ぎてファンに。1ヶ月の間で2回いってしまいました笑。いままで何てもったいないことをしていたんだと、自分を呪いましたね。

・所在地:東京都港区赤坂2-5-6
・アクセス:溜池山王駅より徒歩3分
・営業時間:
【平日】
17:00~22:00(LO 21:15)
【土・日・祝日】
11:30~14:00(第4土曜日を除く・LO 13:30)
17:00~22:00(LO 21:45)
・電話番号:03-5570-1921
・席数:カウンター12名、テーブル26席
・HPはコチラ

予約方法

予約方法としては、電話のみです。HPなどでの予約は一切していません。IT健保が運営しているにもかかわらず、この辺はとってもレガシー笑。

予約方法で最も注意すべきは、お子さんがいない場合は必ずカウンター席を予約することです。カウンター席はお店の人と会話して色々教えてもらったり、魚をさばいてる様子を見たり写真を撮って楽しむこともできますし、一つ一つ握ったネタをその場ですぐ食べれるので鮮度もとっても良いです。

一方でテーブル席では板前さんの手元は見れませんし、お寿司が全種類用意された段階でお皿にのって運ばれてくるため、鮮度が少し落ちるように思います。

ただ、カウンター席は12席しかないため激戦です。僕が最初に訪問したときは月曜の早い時間にもかかわらず、1ヶ月前の予約でもカウンターは取れませんでした…カウンターに座りたいのであれば、数ヶ月先の予約が必須です。

メニュー・料金

メニューは下記の4種類。詳細はHPをご覧いただければと思いますが、せっかく行くのであればぜひ奮発して特選コースにしましょう!「朝仕入れ時におすすめ食材を厳選し、ネタの仕込み方法や調理法にひと手間を加え、最高の鮨を追求したコース」とのことですから。

・にぎり花コース:1,080円(1,620円)
・にぎり月コース:2,160円(3,240円)
・一新にぎりコース:3,240円(5,400円)
・一新すし会席コース:3,240円(5,400円)
・板前おまかせコース:5,400円(8,640円)
・一新特選コース:7,560円(11,880円)
※カッコなしは被保険者、カッコ内は同伴者。

入場まで

鮨一新は通常のレストランとは違い、山王会館というIT健保の建物の中に入っています。予約時間に到着したら、そのままお店に入るのではなく、ロビーで名前と時間を待ちましょう。

ロビーで名前を呼ばれたら、お店に入場することができます。僕は間違えてそのままお店に入ろうとして、受付必要ですと呼び止められました笑

最高の料理の数々

良いお店なので、店内をパシャパシャ撮りませんでしたwそのためお店の雰囲気の写真はありません。

ということで、ここからは出てきた料理の数々をあげていきます。やっぱり、お寿司はフォトジェニック!

まずはホタルイカが出てきました。クサミもなく食べやすかった。ホタルイカってこんなに美味しかったっけか…大好き。

お刺身の三種盛り。赤いのは鮪ではなく鰹です。ちょっと写真分かりづらくなってしまってますが、見た目も美しく、食べやすいサイズです。

鰹が切られて並んでいく様子。よく見ると左下の小鉢、僕の好きな志野焼の陶器ですね。お話聞いたら、板前は陶器好きが多いそうです。

こちらは寿司用の鮪を切っている様子。手元がカッコいいです…

「写真撮ってもいいですか」と聞いたら、「どんどん撮って下さい。記念ですから」と笑って言ってくれました。ありがたや。腕だけでなく人格的にも素晴らしい人でした。

これが驚きました。毛ガニ!多分、でてきた全料理のうち一番好き。かぼすを垂らして酸味を加えて…くー思い出しただけでまた行きたくなります。

あん肝とアワビ。あん肝はとっても甘くて、僕が知っているそれとは全く違いました。上品なスイーツみたいな甘さ。アワビもコリコリと気持ち良い歯応えでした。

汁物。春だったので菜の花入ってます。写真だとジュレみたいに見えますが、お吸い物のような感じです。

のどぐろ!のどぐろの中でも最高級品でめったにお目にかかれない代物らしく、銀座だったらこれ一つで数千円するらしい…やばい。脂がのっていて食べ応えありました。

続いてお寿司です。テーブル席だとこうやって10貫揃った状態で出てきます。握りたてが一番ですが、写真的には色々並んでると映えますね笑

カウンター席だと、こうやって作ってる様子を見ることも出来ますし、お寿司は握りたてが一品づつ出てきます。板前さんとの会話も楽しく、握りたても食べられる。やっぱりカウンターがオススメ。

フォトジェニックなトロ。サシが綺麗に入ってますね!お肉みたい。口の中にいれたら、「あれっどこ行った!?」ってくらいに柔らかくトロけます。トロだけに。

お寿司って本当に最高ですね。この記事書いてたら、また行きたくなってきて仕方ないです。

続いて出てきたのは軍艦と玉子焼きと穴子とごぼう。

全部美味しいんですが、特に玉子焼きが絶品。ケーキみたいに甘くて美味しくて惚れました。

ごぼうも穴子も美味しすぎる。。

あさりのお味噌汁で締め。だしがしっかりと出て最高です。

ところで、こうやってグルメ系の記事を書くと、自分の語彙力のなさに悲しくなります笑。もっと勉強せねば。

デザートでは、パイナップルアイスがでてきました。程よい甘さと酸っぱさで、お口がすっきり爽快!

ちなみにお酒もとっても安いです。ビール一杯300円程度でした。こんなに最高級な寿司屋なのに、安い居酒屋並みの価格設定。何から何までコスパがすごすぎる。

最後に

いかがでしたでしょうか!?IT健保のお寿司屋さんということで、本当に美味しいのかなぁ…と不安になっていた方もいらっしゃると思います。僕も、周りの人から美味しいとは聞いていたものの、なんとなく気乗りしていなかったです。

ところが行ってみたらビックリ!とっても美味しくコスパ最高過ぎて、いままで行かなかったのを後悔しました。

ですので、この記事の文章と写真によって、そういった後悔をする人が減るのを願っています笑

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローは下記

プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D600、Sony Nex-3です。