ブログを始めてよかったと思う、5つのこと。

こんにちは。写真が大好きな@LENS_BLOG_です。

2017年3月末に本ブログを始めてから4カ月、ようやく50記事を突破しました!この記事で56記事目。なんかもう長くやって来たなー感がありましたが、たった数ヶ月しか経ってないw

半年で100記事書いてPVもぐいぐい伸びるはずだった予定が、半分も達成してないことに焦ります笑。

ただ、1つの記事で平均2000文字以上なので、3日に1〜2記事は書いてて合計10万字以上書いた計算になります。そう聞くとちょっと達成感あります。

まだ吹けば飛ぶような弱小ブログですが、これからもよろしくお願いいたします。

さて、まだまだたった50記事そこそこのひよっ子ではあるものの、ブログを始めてみて良かったなと思うことは多々あるので今日はそれをまとめて書きたいと思います。

1. 振り返ることが増えた

現代人は忙しいです。元々の仕事量が多いのに加え、スマホが普及してから接する情報量は爆増。昔であれば新聞やテレビをおさえてさえいれば良かったところが、色んなところにアンテナを張っていなければいかなくなりました。

そんな中で僕も自分自身と向き合う時間や、自身の行動を振り返る時間がなかなか取れていませんでした。日々を漫然と過ごしてしまっていて、瞬間瞬間で思っていたことも右から左へ通過していって忘却の彼方へいってしまうんですね。

ブログによって自分の体験や感情を定期的に振り返ることによって、今までは忘れ去ってしまっていたようなことも留めておくことが出来るようになりました

振り返りになるということは、備忘録にもなります。

例えば僕は陶器が好きです。でも買ったお皿をちゃんと記憶しているかというと、そういう訳でもなかったりします。

ブログにどこで買ったとかどの窯元のとか、その時のお店の人とのやりとりとか書いておくと、あとで忘れた時も思い出せます。たまに以前書いた記事を見返して、その作家さんが最近どんなの作ってるのかなーと検索したりもするようになりました。

忘れてしまうというのはとっても勿体無い話で、せっかくの体験が今後に繋がってこない。ブログに書くことで未来への糧になるんです。

2. 思考整理が習慣化された

ブログを書くときは自分の体験や感情を整理する必要があります。もちろん思いのままに書くこともあるかもしれませんが、基本的には一旦頭の中を整理して構造化した上で書き始めます

例えばそのホテルが良いなぁと何となく思うとします。その時点では、何が良いかというのは明確でありませんし、別に明確にする必要もありません。でもブログに書いて人に何故そこが良いのかを説明しようと思ったら、まずは自分がどこが良いと思ってるかを整理する必要ありますよね。ホテルであれば部屋の見晴らしが良くて、従業員の方々が親切で、アメニティも揃っててとか。そういえば最近、ホテルの記事を書いていましたw

人は思考より感情が先に来る生き物です。これ良いなとか思っても、いちいち何でそれが良いと思うのか分析することは日常生活で少ない。もしくはちょっと思ってもすぐ忘れます。頭を働かせて感情を整理して思考を言語化することで、分析力を鍛えたり思考力を高める訓練になります

僕はまだまだブログを始めて日が浅いですが、続けていけば今後の仕事にも生きてくるはず。

3. ポジティブになった

自分が不便だと思うことは人の役に立ちます。僕のブログの中で一番アクセスがあるのはワイルドマジックの記事アートアクアリウムの記事

ワイルドマジックは直接連絡出来ないのとか人数変更出来ないとか不便だなーと思いましたし、アートアクアリウムはいくら何でも並び過ぎだろーって思いました。どちらも少し憤慨もしました。

でもアクセス数が多いということは、その体験が人の役に立ったということです。

今までであればただネガティヴな感情を抱いて終わってたところを、ブログを書くことで誰かのためになる。これは、とっても素晴らしい経験です。ポジティブになれますし、チャレンジも怖くなくなります

4. 写真を撮る枚数が増えた

今までは作品的な写真しか撮らなかったですし、記念写真のような写真は極力避けようとしていました。そのため撮影する枚数が段々と少なくなっていました。

でもブログだととにかく写真がたくさんあった方がわかりやすいので、説明的な写真も撮るようになりますし、そもそも記事にするために写真を撮りに行くことも増えました。

たとえばネモフィラの撮影なんかは、おそらくブログを始めていなかったら行かなかった可能性が高いです。でも一度行ってみると、「なぜこれまでオレはこんなに素晴らしい場所に行かなかったんだろう…」と後悔するくらい良い場所だったりする。

また、今まであまり撮らなかったような写真も撮るようになります。例えばポートレート写真。先日、100人ポートレートという企画を立ち上げてたくさんの人を撮ろうと今は必死こいて被写体を探していますw

ポートレートなんて今まで本気で撮ったことなかったので分からないことだらけ。本を読んだり色んな人のブログやサイトを見て勉強する毎日です。そうやって、撮れるジャンルを増やすことで写真の幅が広がってくる感覚があります。

写真をたくさん撮影すると写真の腕も上がりますから、良いことばかりです。写真をたくさん撮るようになる→写真が好きになる→また撮りたくなるという正のスパイラル。

5. 撮影依頼を頂くようになった

先ほどの話ともつながりますが、ブログを始めてからというもの、「自分の写真を撮影して欲しい!」とお話を頂くようになりました。初めてスタジオ撮影もしましたし、スタートアップ企業のプレスリリースの写真も撮りましたし、結婚式の写真を撮ってほしいというオーダーを頂いたりもしました。

僕の写真や文章が誰かの心を動かして、その結果自分を撮って欲しいという気持ちにさせたということですから、飛び上がるほど嬉しい体験です

おそらくブログを書くことによって、写真の善し悪しだけでなく日々こんなことを考えている人なんだという安心感みたいなものを与えられるんだと思います。名刺代わりになるというか。

ぜひもっと色んな方から撮影依頼を頂きたいと思って、問い合わせフォームを設けたりTimeTicketで販売を始めることもしてみました。まだまだ若輩者なので全然依頼は少ないですが、今後どんどん増えていったらいいなと思っています。

夢は写真とブログで飯を食えるくらいまで成長することですね。いつになるかは分かりませんが。

最後に

今回、数ヶ月やってきた自分のブログ体験を振り返ってみました。改めて考えてみても、やっぱりブログには良いことしかないなと思っています。

あとは、今後の課題はきちんと継続することができるかに尽きますです。ブログは始めるのは容易ですが続けるのがとっても難しいものだと思います。今のところは書くのが楽しくて楽しくてしょうがありませんが、だんだんとマンネリ化してきたり、時間がなくなってくることもあるでしょう。

そのときにきちんと続けられるか。ここが最も大切な事だと思っているので、そのことを胸に刻んで今後も粛々とブログを書きまくるつもりです。これからもLens Blogをよろしくお願いします!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアいただけたらうれしいです。

フォローは下記

プロフィール

Kenta Nakazato
写真を愛するサラリーマン。
使用カメラはNikon D4S、D600です。